トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ネイリスト検定合格への道ネイリストになるには > ネイリスト検定で資格を取得

ネイリスト検定で資格を取得

ネイリスト検定で資格を取得の画像

ネイリストの仕事は、女性らしさを存分に生かすことができて、技術とセンスがあれば、年齢は関係ないといえます。

ネイリストの仕事は、ネイルケアやカラーリング、人工爪の作成、ネイルアートを施したりするものです。
ファッションやお客さまの好みに合わせてデザインを提案し、爪に装飾したり、それぞれの爪の状態を見てマッサージをしたり、二枚爪などのトラブルにも応じます。
ネイリスト検定(3級~1級)で資格を取得し、スキルアップすることでさまざまな技術を身に付けることもできます。

女性にとって「きれいになりたい!」という思いは世代を超えて共通する願望だと思います。
ネイリストの魅力は、持ち前のセンスを生かし、人それぞれに合った独自のネイルアートを生み出すことで、女性がきれいになれるお手伝いができることであり、自分自身もおしゃれできれいになれる仕事だということです。

ネイルサロンやネイリスト検定で出会うネイリストの方には、おしゃれでかっこよく、生き生きと仕事をしている素敵な方が多いと思いませんか?
サロンでお客さまにネイルケアやアートを施すことも、ネイリスト検定で資格取得を目指すことも、すべてが自分を磨くことへとつながっているからではないしょうか。
ネイリストにとって、自分が提供するネイルケアやアートをお客さまに喜んでもらえるのは何より嬉しいことであり、大きなやりがいを感じることができます。
人を笑顔にできる仕事だからこそ、ネイリストは生き生きと輝けるんですね。

ネイリストは、ネイルサロンをはじめ、美容院やブライダルサロン、そして自宅でサロンを開業するなど働く場はさまざまです。
ネイルアーティストなどとも呼ばれ、女性らしさを最大限生かし、知識と技術、独自のセンスを持っていれば年齢など関係なく第一線で活躍することができます。
現代の女性が仕事に求める条件がそろった職業の一つといえるかもしれません。

また、日本人ネイリストの技術は、手先が器用な分繊細で海外でも高い評価を得ています。
日本だけでなく活躍の場を世界に広げることも可能です。

日本ネイリスト協会が主催するネイリスト技能検定に合格し資格を得ることで、ネイリストとしての可能性をさらに広げることもできるでしょう。
ネイリスト技能検定は年に2回開催され、1級、2級、3級と3段階があります。

これらの級位は、ネイリストになるための資格としては国家資格ではなく、必ずしも就職には必要とはされていませんが、ネイル業界では知名度が高いもの。
それだけ信頼がおかれています。

、3級は基礎的な知識と技術を問われるものですが、2級、1級は取得すれば就職や転職などの際に有利なスキルになります。
資格を取得し、ネイルサロンや美容室、エステティックサロンなどで多くのネイリストの方が活躍しています。
中には経験を積んで自分のサロンを開業して成功している方も少なくありません。

ネイルスクール

今日のお勧め記事 ⇒ ネイリストの職業と検定

ネイリストとは、爪や指先を手入れをして健康的で美しく見せるためのプロフェッショナルです。 基本のネイルケアを始め、2枚爪の修正やエクステンション、アートを施したりします。 もともとアメリカで誕生し、アメリカでは専門職として資格制度があります。 日本では、97年より日本ネイリスト協会がネイリスト検定を開始したことで資格の取得が可能になりました。 このネイリスト検定は1級~3級までの3段階があり、3級はネイルケアに関する基本的な技能と知識を試す初歩的な内容ですが、1級にいたって

ネイリスト検定合格への道について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。