トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ネイリスト検定合格への道ネイリストになるには > ネイリストの技術習得

ネイリストの技術習得

ネイリストの技術習得の画像

ネイリストはネイルアーティスト、マニキュアリストなどとも呼ばれ、指先の健康を保つためのケアや、爪を美しく演出するなどの指先のおしゃれを提供する仕事です。

指先を美しく見せるために、まず必要なネイルケア(手入れ)では、爪の表面の凸凹をなくしなめらかな爪に仕上げ形を整えます。
甘皮やささくれなどの処理や手指の角質ケア、マッサージを行うことも大切です。

また、日常生活で起こる爪のトラブルのリペア(修繕)もします。
折れたり割れたりしてしまった爪をやすりで削ったり、特別な接着剤を使って修復したり、強度の弱い爪できれつが入ったり二枚爪になっている場合は、強度を持たせるためのケアを施します。

ネイリストにとって、さまざまなテクニックを駆使しネイルケアやアートを施し華やかに演出するサービスを通じて、お客さまにネイルの楽しさをお伝えすることも役目の一つと言えるかもしれません。

爪のおしゃれを楽しむネイルは、最近の女性の間では当り前のように浸透し、ネイルサロンなどのお店も年々増えています。
しかし、ベーシックケアからアートまで総合的な技術を身に付けているという人はそれほど多くないように感じられます。

ネイルの技術には、ネイリスト検定の実技試験でも行われているイクステンション(造形)があります。
これはつけ爪のことで、既製のものを爪に合わせてカットするなど調整して使用するネイルチップや、専用の粉と液を混ぜて爪の形を作るスカルプチュアネイルがあります。
爪が折れてしまった時などの修復に使われることもあります。

他には、爪に絵を描いたり、ネイルアクセサリーを用いて美しく見せるアート(アート)があります。
ポリッシュデザインや3Dアートなどがあり、ネイルカラー、アクリル絵の具、エアブラシなどを使ってデザインします。

ネイリストには、このようなさまざまな技術で指先を美しく演出することに加え、ハンドマッサージやフットケアなどのリラクゼーション効果も求められます。

ネイルスクール

今日のお勧め記事 ⇒ ネイリスト検定で資格を取得

ネイリストの仕事は、女性らしさを存分に生かすことができて、技術とセンスがあれば、年齢は関係ないといえます。 ネイリストの仕事は、ネイルケアやカラーリング、人工爪の作成、ネイルアートを施したりするものです。 ファッションやお客さまの好みに合わせてデザインを提案し、爪に装飾したり、それぞれの爪の状態を見てマッサージをしたり、二枚爪などのトラブルにも応じます。 ネイリスト検定(3級~1級)で資格を取得し、スキルアップすることでさまざまな技術を身に付けることもできます。 女性にとっ

ネイリスト検定合格への道について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。