トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ネイリスト検定合格への道女性の職業としてのネイリスト > ネイリスト検定で必要なこと

ネイリスト検定で必要なこと

ネイリスト検定で必要なことの画像

ネイリストとして就職を希望するなら、ネイリスト技能検定に合格し資格を取得しておくと良いでしょう。

直営のネイルサロンを経営するスクールで学んでいる方であれば、卒業後その直営サロンへの就職も可能でしょうが、そのスクールの卒業生のみの採用という制限がある場所もあります。
どうしてもそのサロンへの就職を望むのなら別ですが、基本的にほとんどのネイルサロンの採用基準は「出身校」ではなく「ネイリストとしての実力と人間性」です。
ネイル道具のお店やインターネットでネイリストの採用情報を出しているネイルサロンも多数ありますので、ネイリストに必要な知識や技術、サロンワークを習得すれば就職に関しては特に問題はないでしょう。

資格はその実力を証明するものとして役に立つと思われます。

ネイルサロン等ですでに実際に仕事をしていて、スクールも卒業したけれどネイリスト技能検定そのものは受験していない・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そういった方にとっても、ネイリスト検定を受検して、級を保持することは有効と思われます。
検定対策講座を開講しているスクールもあり、スカルプ、アートなどスキルアップしたい分野を学べるシングルトレーニング講座もあるようです。

そういったスクールの中には、ネイリスト養成コースの他に、カルジェル講習を開講している所もあります。
カルジェルを習得したいという初心者からプロのネイリストの方まで、それぞれのレベルに合ったコースを設けられているようで、ネイリスト検定1級保持者の方を対象とした「エクスプレスコース」、ネイルスクールなどでネイルについて学んだ経験のある方が対象の「スタンダードコース」、そして初心者の方を対象とした「ファンデーションコース」などなど。

いずれにせよ、日々変化するネイルの技術を身につけ、キャリアアップするためには、勉強が欠かせません。
トップスタイリストの方であっても、日夜研鑽を積んで技術の維持と向上に努めているのです。

ネイルスクール

今日のお勧め記事 ⇒ ネイルと服のバランス

ネイリスト検定ではネイルアートのデザイン性だけでなく、いかにその人らしさを引き出せるか、素材そのものの美しさを生かせるかといったネイリストとしての技量が要求されます。 もしもサロンでお客さまがネイリストの爪を見て「素敵なデザインね」と仰ったとして、まったく同じネイルに仕上げてもそのお客さまに必ずしも似合うとは限りません。 人それぞれの良さを引き出すネイルアートを作り上げることで、お客さまにも満足していただけるのです。 例えば、年配の方だったら上品さをプラスしたデザインのほう

ネイリスト検定合格への道について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。