トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ネイリスト検定合格への道ネイリスト検定の概要 > 検定受験で人気のネイリストに

検定受験で人気のネイリストに

検定受験で人気のネイリストにの画像

ネイリストとは、爪の美容と健康のスペシャリストで、ネイルアーティストやマニキュアリストなどとも呼ばれています。
仕事の内容はネイルケアやカラーリングをはじめ、人工爪を作ったりネイルアートやフットケアなども行います。

もともと欧米で始められ、アメリカでは州ごとに資格制度が確立されています。
日本でも指先のおしゃれに関心が高まってきたことにより、人気の職業として注目されるようになってきました。
ネイリストは特別な資格は不要ですが、プロになって成功するために、ネイリスト検定で資格を取得すると良いでしょう。

まず抑えておきたいのは、JNAネイリスト検定の2級です。
合格率は30%台と難関ですが、合格すればプロとして仕事をする上でのスキルになります
NPO法人「日本ネイリスト協会」(JNA)が主催して行っているのがネイリスト技能検定試験です。
1級~3級までの3段階があり、試験内容はネイルの歴史や爪の構造や働き、病気やトラブル、消毒法など専門的な知識を問う筆記試験と、ネイルケアやカラーリングなどの実技試験です。
ネイル業界では知名度が高く、合格実績があればプロのネイリストになるための足掛かりになるでしょう。
1級受験には2級に合格していること、そして2008年度からは、2級受験には3級に合格していることが必須条件となっていますので、順を追って受験する必要があります。

特に1級は資格制度を設けているアメリカのライセンス試験のレベル以上の知識と技能を求められ、合格できるとトップクラスのネイリストとして認められます。
実技試験がネイルサロンなど現場での実践的な内容になっていることから、採用基準や昇給、昇進の目安にしているネイルサロンもあるようです。
ネイルサロンだけでなく、最近はエステティックサロンや美容室などでも多くのネイリストが活躍しています。

さらにステップアップを考えるのならJNA認定講師資格の取得に挑戦することもできます。
AAA級の合格率は約7%という難関なだけに、I-NAIL-A加盟スクールの講師など活躍の場が広がることでしょう。
将来的には独立することだって夢ではありません。

ネイルスクール

今日のお勧め記事 ⇒ ネイリスト検定を突破するには

日本ネイリスト協会(JNA)主催のネイリスト技能検定は、国際的に通用するネイリストの育成を目指して、正しい知識と技術の習得ならびに向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。 初回実施から10年目を迎え、現在は約142,000名の方が受験しています。 JNAネイリスト検定3級~1級を取得することで、ネイルサロンへの就職はもちろん、ブライダルや美容業界で活躍することも夢ではありません。 女性ならではの美意識を活かした仕事として、ネイリストの活躍の場は拡がっています。 ネイリスト

ネイリスト検定合格への道について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。