トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ネイリスト検定合格への道ネイリスト検定の概要 > ネイルと服のバランス

ネイルと服のバランス

ネイルと服のバランスの画像

ネイリスト検定ではネイルアートのデザイン性だけでなく、いかにその人らしさを引き出せるか、素材そのものの美しさを生かせるかといったネイリストとしての技量が要求されます。

もしもサロンでお客さまがネイリストの爪を見て「素敵なデザインね」と仰ったとして、まったく同じネイルに仕上げてもそのお客さまに必ずしも似合うとは限りません。
人それぞれの良さを引き出すネイルアートを作り上げることで、お客さまにも満足していただけるのです。
例えば、年配の方だったら上品さをプラスしたデザインのほうが喜んでいただけるようです。

検定で使うネイルアクセサリーはパーツ屋さんで探すのですが、アレンジのインスピレーションがわいたらすぐに実行に移したいので、必要な素材を見つけた時にはすぐに購入します。
ネイルアートのデザインイメージはその時その時で変わっていきます。
最近は作りこんだデザインよりも、肩の力を抜いた感じの中にも遊びがあって、品格を兼ね備えたものが望まれています。
今回の検定でのデザインは、シルバーをぎっしり埋めて光感を全面に押し出したいと考えています。
オートクチュールのスパンコールのようで可愛らしいし、キラキラと輝くデザインなので、とても華やかに仕上がってきれいだと思います。
派手目のネイルに仕上げた場合、服はシンプルにしたほうがいいですね。

人が内側から放つ輝きをミックスして表現したい。
キラキラと光る近未来感と、ロマンティックなテイストの組み合わせも面白いですね。
今年っぽい感じを出すなら、全面にストーンをちりばめてみるのもいいですね。

まずはベースから決めることにして、服はパンツが白だから飽きの来ないゴールド系やシルバー系はどうでしょう。
爪に光を持たせたいので大粒のシルバーラメポリッシュを使ってギラギラした感じを出してみましょうか。
このポリッシュは今は廃番になってしまっているのですが、まさに近未来的な感じでイメージにぴったりだと思います。
今は使われていない昔のものでも、今どきっぽいものはたくさんありますよね。
シルバーをぎっしり埋めることで光の感じを引き出しましょう。
イメージがつかみやすいように片手だけを先に完成させます。
ネイリスト検定には「キラキラ」から予測できる素材を準備してきましたが、実際に衣装を見たり話し合いをすることで想定していたイメージは変わってきます。
お互いのデザインの発想を組み合わせて創り上げていくというのもネイルアートの魅力の一つです。
洋服や場所に合わせてヘアスタイルを変えたり、宝石を身につけたりするように、ネイルも様々なデザインを楽しめるアクセサリーといえるでしょう。

ネイルスクール

今日のお勧め記事 ⇒ ネイリスト検定を突破するには

日本ネイリスト協会(JNA)主催のネイリスト技能検定は、国際的に通用するネイリストの育成を目指して、正しい知識と技術の習得ならびに向上を目的とした実践に役立つ検定試験です。 初回実施から10年目を迎え、現在は約142,000名の方が受験しています。 JNAネイリスト検定3級~1級を取得することで、ネイルサロンへの就職はもちろん、ブライダルや美容業界で活躍することも夢ではありません。 女性ならではの美意識を活かした仕事として、ネイリストの活躍の場は拡がっています。 ネイリスト

ネイリスト検定合格への道について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。