トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ネイリスト検定合格への道ネイリスト検定の概要 > ネイリスト検定

ネイリスト検定

ネイリスト検定の画像

ネイリスト(nailist)とは、爪のお手入れをはじめ爪やネイルチップ(つけ爪)に装飾を施すなど、指先を美しく見せるためにデザインをする爪、または指先の美容スペシャリストです。
現在、黒崎えり子氏などが人気ネイリストとして活躍しています。
ここではネイリストを目指している、趣味にしているネイルアートで副収入を得たいなどという方たちのための情報を紹介します。

まず、ネイリストになるには国家資格のような資格が必要なわけではありませんが、「JNA日本ネイリスト協会」認定の学校に通い、JNA主催のネイリスト技能検定試験等に合格することで技術力の証明を得ることも一つの手段です。
ネイリスト技能検定には1級を最高に、3級、2級の3段階になっています。
検定の合格への近道は、やはりスクールや自宅で勉強できる通信教育で講座を受講するのが良いでしょう。

ネイリスト検定が実施されるようになってからは、ネイルサロンに限らず、エステティックサロンやブライダルサロンなどでもネイリストの需要が増え、様々なシーンにおいて癒しのセラピストとしての活躍の場が広がっています。
ネイリスト検定では各級ごとに爪のマッサージややすりがけなどのネイルケアやマニキュアを塗ったり、人工爪(スカルプチュア)の制作、ラインストーンなどのネイルアクセサリーで装飾を施したりするネイルアートの技術と知識が判断基準となります。
自分がプロのネイリストになって感じたのは、過去に使用されていたネイルに関する教材内容を見て、ネイリストになるために必要な知識と技術がもっとあるのではないかということでした。

特にネイルアートに関してはお客さまの希望に応じることのできる、センスやオリジナリティが要求されます。
ネイリストとしてその感性を養うことは大切なことです。
美容業界において、ネイリストはこれからますます注目が高まる職業になると思われます。
ネイリスト検定で資格を取得し、ネイリストとしての技術を磨くことで、お客様にも喜んでもらえます。
ネイリストの仕事は、とてもやりがいのある仕事ではないでしょうか。

ネイルスクール

今日のお勧め記事 ⇒ プロのネイリストとして

ネイリストに求められることは、爪の健康や美容に関する知識はもちろんのこと、指先を美しくデザインするための豊かな表現力、そして優れた技術です。 ネイリスト検定は、3級、2級、1級にわかれており、それぞれ、段階を追ってネイル全般に関する幅広い知識を習得した「爪のプロ」となるにふさわしい技術者となるべき内容の検定です。 さまざまなネイルスクールが開講されていますが、講座の内容は、ネイリストに大切な基本的知識・技術を習得するところからはじまります。 おおむね、3級検定コースではネイ

ネイリスト検定合格への道について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。